ABOUT ME| THE VINE LTD.


  1. search

Découvertes en Vallée du Rhône 2015

L1050073

3月に、今年に入ってもう3つ目になる試飲会に行ってきた。”Découvertes en Vallée du Rhône 2015”では、325日、月曜から木曜まで、約800のローヌ生産者のワインを味わうことができる。世界で最も神聖だと思われているワインを試飲しながらコートドールの村々を渡り歩く、プロ対象の試飲会の中でも私のお気に入りの一つ、Les Grands Jours de Bourgogneをモデルとしたイベントだ。

I attended my third major tasting event of the year already in March.  The Découvertes en Vallée du Rhône 2015 offered the opportunity to taste wines from around 800 Rhône producers from Monday to Thursday March 2-5.  The event is styled on one of my favourite professional tasting events: Les Grands Jours de Bourgogne where you meander from village to village through the Côtes d’Or tasting some of the world’s most hallowed wines.  In this post, I’ll talk about current styles of Rhône wine and the changes I’ve seen over the last 15 years or so…

Read more

FaceBook Share Link Twitter Share Link
Jump to Top
 

Dive Bouteille 2015

L1050044

Dive Bouteille(ディーヴ・ブテイユ)は毎年2月にロワールで開催される、ナチュラルワインの試飲イベントだ。今年で12年目を迎え、ナチュラルワインのサロンの中でも最大級かつ、毎年待ちに待つ人が最も多いイベントとなった。私も、今年このサロンを訪れた何千人というプロや消費者のうちの一人だった。会場はソミュールのアッカーマン・セラー。いくつもの地下蔵と、その間に点在するひらけたスペースが入り組んだ、うさぎの穴ぐらのような空間で、夜を徹したパーティが開かれるのではという内装だった。

Dive Bouteille, held every February in the Loire, is a Natural Wine tasting event.  Now in its 12th year, it has become one of the largest and most eagerly awaited Salon of such wines.  I was one of thousands, professionals and consumers alike, who visited the Salon this year, held at the fantastic Ackerman Cellars in Saumur, a rabbit warren of caves and spaces, dressed as if for an all-night party.

L1050030

200人もの生産者がワインを並べた。多くはフランスからで、イタリア、スペイン、東欧、南北アメリカ、南アフリカとオーストラリアのワイナリーは、全部合わせても20程。

Some 200 producers showed their wines.  Most came from France joined by a mere two dozen from Italy, Spain, Eastern Europe, the Americas, South Africa and Australia.

Read more

FaceBook Share Link Twitter Share Link
Jump to Top
 

Natural Wine Salon at St Just, January 2015

Mendall

Above, Laureano Serres of Mendall.  A wanted man!  Inimitable.  Irrepressible!

1ヶ月前、1月25日から2月2日まで、間に3日間の休憩を挟んで、モンペリエ、アンジェ、ソミュールの8つのワイン展示会やOFF(非公式イベント)巡りをしてきた。今もてはやされているDive-Bouteilleにもだ。試飲をし、約800本のワインのテイスティングノートをつけた。ノートに残すことは、口の中にあるものに意識を集中させると共に、後々何を試飲してどう思ったかを記録するのに必要となる。ノートを取らないこともあるが、それはもうよく知っているワインであったり、一二点気になることがあって、ささっとそれを確認するために飲むような時。あるいは、試飲でへとへとになってしまった時。そんなこともある。それに、もしもノートを取らなかったら、どうしてワインを覚えておけるだろうか。もしかしたら、気に入ったワインのことは忘れないかもしれないが、それにしたって、そのワイン自体を思い出すことは不可能だ。よくある話だけれど!

A month ago, from January 25 to February 2, with 3 days off in the middle, I made the rounds of 8 fantastic tastings, OFFs, around Montpellier and in Angers and Saumur, including the now-celebrated Dive-Bouteille. I tasted and made notes on around 800 wines… Making notes is a way to concentrate on what I’m tasting and much needed later to remember what I tasted and what I thought of it. There are times when I don’t make notes, when I’m tasting wines I’m very familiar with or when I’m tasting quickly to try to find something specific – or occasionally when I’m just exhausted by tasting! It happens. And how does anyone who doesn’t make notes remember what they tasted? Or perhaps they just remember what they liked – but then can’t remember. The old story of wine!

Read more

FaceBook Share Link Twitter Share Link
Jump to Top
 

Le Vin de Mes Amis Part 2

L1040902

シャルヴァン、トゥール・デュ・ボン、クロ・デ・ムール以外にも、素晴らしいワインが目白押しの試飲会。抜きん出たワインがたくさんあった。

Beyond Charvin, Tour du Bon, Clos des Mourres, it was a beautiful tasting. So many wines stood out.

2015_01_30_09_48_50_002

Read more

FaceBook Share Link Twitter Share Link
Jump to Top
 

Le Vin de Mes Amis January 2015

L1040899

ミレジム・ビオと同時開催のOFF(非公式イベント)の中で一番スタイリッシュなのが、このイベントだろう。会場と出展する生産者の点では、昨年と変わり映えがないともいえる。会場となるのは、モンペリエの東のはずれにあるドメーヌ・ド・ヴェルシャン。美しいホールと屋外用テントのある、豪華なワイナリー兼スパである。ラインナップは、輝かんばかりのクラシックな職人的なビオの造り手たち!ローラン・シャルヴァン、ティエリー・ジェルマン、バラル、アニエス・アンリ(ドメーヌ・ド・ラ・トゥール・デュ・ボン)、エリザベッタ・フォラドーリ、ドメーヌ・ド・ラ・トゥルネル、アレナ、ラピエール、リショー、ジャン=バプティスト・セナ(どこにでも現れる彼の妻が、このイベントの主催側のチーフである)、シャンパーニュ・ジャクソン、ジャン・フォワイヤール、ジョー・ランドロンなどなど。比較的、新参者といえるクロ・デ・ムールも。

This is the most stylish of the OFFs held around Millesime Bio. More or less a re-play of previous years in terms of setting and vignerons, it’s held at the Domaine de Verchant, in the eastern suburbs of Montpellier, a classy wine estate-cum-spa with a beautiful hall and marquee. The lineup boasts a stellar list of classic artisan bio! Laurent Charvin, Thierry Germain, Barral, Agnes Henry/Domaine de la Tour du Bon and Elis-abetta Foradori, Dom. de la Tournelle, Arena, Lapierre, Richaud, Jean-Baptiste Senat (whose omnipresent wife is chief organiser of the event), Champagne Jacquesson, Jean Foillard, Jo Landron and many more, including relative newcomers like Clos des Mourres.

L1040902

Read more

FaceBook Share Link Twitter Share Link
Jump to Top
 

From Millesime Bio to La Dive-Bouteille 2015

L1040905

南仏とロワール、コートロティも含め、全部で8つのワインショー(展示会)に参加し、何百というオーガニック、ビオディナミ、”ナチュラル” ワインを試飲するという集中的な2週間からようやく戻ってきたところ。

I’m just back from 2 weeks of intensive tasting of hundreds of organic, biodynamic and “natural wines” at 8 different wine shows in France, in the South and in the Loire, as well as the earlier Côte-Rôtie show.

ミレジム・ビオは、南仏はモンペリエ、Parc des Expositionsで開催される。このイベントは20年前、主にラングドックの20人ほどの生産者が中心となって始めたもので、彼らは”メインストリームでない”ことを信条としていたが、今や「メインストリーム」へ成長した。プロ向けでは、世界で最大のオーガニックワインフェアである。3つの大きなホールでは、600人以上の生産者がワインを披露。主にフランスの生産者だが、スペイン、イタリア、ポルトガル、ドイツ、そして少数ではあるがその他の国々からも参加している。

Millesime Bio takes place in the Parc des Expositions, Montpellier in the south of France. The show has grown from a couple of dozen, mainly Languedoc, producers twenty years ago who were making wines that were decidedly un-mainstream to a show that is now totally mainstream. It has become the biggest organic wine salon for professionals in the world; in 3 large halls there are now over 600 producers showing their wines, mostly from France but also from Spain, Italy, Portugal, Germany and a handful of other countries.

Read more

FaceBook Share Link Twitter Share Link
Jump to Top
 

Bois de Boursan and 2014

L1040885

先週、二度も幸運を味わう機会を得た。つまり、南ローヌの2014を味わう、という機会だ。
Last week, I had two bites at the cherry that is 2014 in the Southern Rhône.

これまでに得た情報では、2014年はこう: 高収量にもかかわらず、非常に難しいビンテージ。開花も結実も同様に良いコンディションだった。平均よりも大分低い収量の年が数年間続いた後なので、それなりにまともな量の収穫が見込めるはず。5,6月は、冷涼だが乾燥の仕方は完璧だった。しかし、7、8、9月には、例年の2倍以上も毎週のように雨が降るという悪天候が続いた。大きな房のなっていた樹にとっては、衛生状態が大きな挑戦だった。ブドウが完熟するのに非常に時間がかかり、近年に比べ気温が1度ほど低かった。大規模な選果が必要だったので、品質も極端に変化を受けるだろう。しかし、例によって、優れた作り手は、優れた美味なワインをつくるものだ。

What I know so far: on paper, it’s a very difficult vintage, albeit high yielding. The flowering and fruit-set took place evenly in good conditions and, after several years of well below average yields, a decent crop could be expected. May and June were cool but perfectly dry. Then the weather generally deteriorated with rain almost every week and more than twice as much as usual throughout July, August and September. Sanitary conditions were a challenge especially with lots of big bunches on the vines. Maturity arrived very slowly and is more or less a whole degree lower than in recent years. A huge selection was necessary. Quality will be extremely variable. But, as always, the best producers will produce both delicious and excellent wines.

Read more

FaceBook Share Link Twitter Share Link
Jump to Top
 

Le Marché aux Vins Ampuis-Côte-Rôtie 2015

L1040853

コート・ロティの50の生産者のワインを試した!このテイスティングフェアは、年中行事の中で、いつも私のお気に入りだった。毎年1月下旬、私にとっての恒例行事となっている、モンペリエで行われるミレジム・ビオの直前に開催されるので、東京を少し早めに発てば参加できるのだ。名前の通り、このフェアはリリースされたばかりのコート・ロティとコンドリューを試飲し、買うことができるマーケットだ。中にはサン・ジョセフ、コルナス、エルミタージュもある。一般人も業界人も、引き寄せられないわけがない。

Taste the wines from 50 producers of Côte-Rôtie!  This salon was always one of my favourite tasting events in the annual calendar.  Since it always take place at the end of January, thus just prior to Millesime Bio in Montpellier I can usually make the trip from Tokyo in time to catch it.  As the name suggests, it’s a market where you can taste and buy the latest releases of Côte-Rôtie and Condrieu – with a few St Josephs, Cornas and Hermitage, too.  It attracts thus public and professionals alike.

今回は61の生産者が参加。ワイン商の巨大大手も名を連ねる:ギガル、シャプティエ、ジャブレ、デュラス、ヴィダル=フルーリー。そして、この2,30年の間に、この地で名を確立した代表者たちも軒並み揃っていた:ガングロフ、ジャメ、クリューゼル・ロック、ビュルゴー、オジェ、バルジュ、ジャスマン、ジュラン、キュイロン、ガイヤール、ヴィラール。比較的新しいギャロン、セマスカ、ステファン、モンテスの他、もっと最近の生産者たち、例えばオテギィ、ピシャ、パルペットなども。偉大なワイナリーで不参加だったのは、一方でロスタン、その対極にあるベネティエールもだ。

Today, 61 producers were present.  There were the merchant Goliaths: Guigal, Chapoutier, Jaboulet, Delas and Vidal-Fleury.  And there were pretty much all the representatives of the order established over the last 20 to 30 years, Gangloff and Jamet, Clusel Roch, Burgaud, Ogier, Barge, Jasmin, Gerin, Cuilleron, Gaillard, Villard.  There were newer names like Garon, Semaska, Stephan and Montez and a few even newer names like Otheguy, Pichat and Parpette.  Only a few great names were missing: Rostaing, St Cosme at one end, Benetiere at the other.

Read more

FaceBook Share Link Twitter Share Link
Jump to Top
 

Beaumes de Venise

L1000813-2

ボーム・ド・ヴニーズの村は、ダンテル・ド・モンミライユという、石灰岩が峻厳な西側の山肌が特徴的な山の近くに連なるワイン産地の村々の南端にある。北西に30km程のオランジュの村から、南西に30kmのアヴィニョンまで広がる、広大なブドウ畑は遠くからも見て取れる。

The village of Beaumes de Venise lies at the southern end of a string of wine villages nestling into the western, public, face of the jagged limestone mountain outcrop the Dentelles de Montmirail. Visible from afar, a vast plain of vines stretch from Beaumes to the town of Orange, some 30 km north west, and to Avignon, some 30 km south west.

ボーム・ド・ヴニーズから3km北に行くとヴァケラスがあり、5km北はジゴンダス。その先はサブレ、セギュレ。ダンテル山から数km西にラストー、さらにそこから数kmでケランヌ。これらの村はダンテル山の麓を中心に、数字の7を描くように位置している。

3 km north of Beaumes de Venise is Vacqueyras, 5km north is Gigondas, then Sablet, Seguret and then, away from the Dentelles a few km west lies Rasteau and a few more km lies Cairanne, these wine villages forming a number 7 around and away from the base of the Dentelles.

それぞれの村に、グルナッシュ・ノワールが主体で、シラーとムールヴェードルを加えて作る南ローヌのブレンドの赤ワインがあり、地形、土壌の組成、日照、高度、ブドウの樹齢、栽培方法と造り手の意図によって様々なワインが出来上がる。変数と組み合わせは無限にも思えるが、決め手となるのはその場所だ。

Each of these villages yield their own unique version of Southern Rhône blends of red wine based on the Grenache Noir grape and incorporating sometimes Syrah, sometimes Mourvèdre, and all depending on the lay of the land, the composition of the soils, the exposition, altitude, age of vines, the way to work them and the will of the wine-maker. And while the permutations seem infinite, it is location that determines most.

Read more

FaceBook Share Link Twitter Share Link
Jump to Top
 

Usseglio – A little history

20140604-L1020857

1998年のヴィンテージで、一夜にして世界的に有名なシャトーヌフ・デュ・パプになったドメーヌ・ピエール・ユッセリオだが、そこに至るまでには、実に50年の歴史がある。

It took Domaine Pierre Usseglio nearly 50 years to achieve the overnight success of the 1998 vintage which put them on the map of top-rated producers in Châteauneuf-du-Pape!

1930年、フランシス・ユッセリオはプロヴァンスに農業の仕事を求め、イタリアはピエモンテから移民してきた。シャトーヌフ・デュ・パプに落ち着いたフランシスはブドウ畑での働き口を見つけ、気づけば1949年には自身の最初のワインを醸造していた。(従兄弟のフェリチウ・ヴェルシーノも同じ道をたどり、後にボワ・ド・ブルサンを作ることになるのが、彼の息子のジャンだ!)

Francis Usseglio emigrated from Piemonte in the 1930s to find agricultural work in Provence. He settled in Châteauneuf-du-Pape, then found work in the vineyards, and ended up making and bottling his first wine in 1949. (His cousin Feliciu Versino made the same journey. His son, Jean, would create Domaine Bois de Boursan!).

Read more

FaceBook Share Link Twitter Share Link
Jump to Top